Overblog Suivre ce blog
Administration Créer mon blog

106 articles avec ココリコ-cocorico

言語~其の1~☆

言語~其の1~☆

Voir les épisodes précédents . 告白します(;△;)私は中高で6年、大学で4年、英語を勉強してきましたが、ほとんどしゃべることができません。一応その後、3年間英語の先生もやっていたんですが、教師の教科書のマニュアルで確認しながらできていたので、英語能力は一般的にできれば、誰でもできたことといっても過言ではないと思います。なので、自分が英語の先生をやっていたと言うのが恥ずかしくてなりません。 そんな私がフランス語をしゃべれるようになるんでしょうか!? まず、何で英語が話せないのか。ひとつ言えることは、話せるようになるためには、たくさん話すこと!どんどんアウトプットしなきゃということ!は、分かっているんですが、でも私、かなりのシャイで、慣れていない人には全くしゃべることが出来ないんです。日本語でさえそうなので、外国語では…。まずは、これの克服が大事ですよね(>△<)頑張りまっす!!...

Lire la suite

フランスの春☆

フランスの春☆

Voir les épisodes précédents . 初めてのフランスの春。上陸した4月1日には、まだ木々に緑はなく、少しさみしい感じでした。しかし、一週間ごとに景色がみるみると変わっていき、今ではすっかり春満開です♡♡ルドの実家は木々に囲まれていて、鳥の鳴き声があちこちから聞こえます。すごく爽やかで、名古屋では味わえなかった春を満喫しています(^^)雨の日も多いけどね(^^;) そして桜なんですが、なぜか私は、桜って日本独特のものって考えていたんですが、ちゃんとフランスにもありました♪日本のソメイヨシノとは違うみたいですが、桜が大好きな私にとっては嬉しいです。でもさすがに、桜の木の下で宴会はしてないみたい…...

Lire la suite

初めてのおつかい☆

初めてのおつかい☆

Voir les épisodes précédents . 今まで、いつも何かする時にルドが傍にいてくれました。しかし、これからはそれではいけないなと思い、初めて一人でオルレアンの街をブラブラしてみることに決意しました!何を大げさに、子供みたいなこと言ってるんだと思われるかもしれませんが、言葉も全く分からず、スリとか恐い話を聞かされていると、私にとってはなんだか、それはすごい冒険なんです。日本でよくやっている、子供の初めてのおつかいのドキュメンタリー番組の気分。前日からドキドキしていました。高校の時に、ロサンゼルスにホームステイした時は、何とも思わずに、一人でブラブラしていたのになぁ…。怖いもの知らずだったなぁ~。というか、何でこんなに怖がりになってしまったんだろう。...

Lire la suite

初パック☆

初パック☆

Voir les épisodes précédents . 生まれて初めてのイースター♡ フランスではパックといいます。クリスマスと同じくらい大事。春分の日を過ぎて初めての満月の次の日曜日に行うそうで、今年は 4月12日でした。その日は、教会に行き、そのあとルドのお姉さん家族も来て、一緒に食事をしました♪スモークサーモンとか、これも初めてな羊のお肉、ちょーおいしかった♡♡ そして、お庭でチョコの卵探し。なぜ卵かというと、パックは春の訪れのお祝いでもあり、卵は再生を意味し、そして、多産であるうさぎもパックのシンボルなんだけど、うさぎが庭に卵を隠してしまうかららしい。フランスやイタリアでは、鐘が卵を運んでくるというのもあるみたい。(ウィキペディアより)...

Lire la suite

手続き☆

手続き☆

Voir les épisodes précédents . ちょ~面倒くさい。 日本では→ビザの手続き(東京まで行かないとダメで、平日の 11時半まで)、引っ越し会社との打ちあわせ、家具等の処分、年金・税金の手続き、国外転出届、郵便物の転送願、実家に置いておく荷物の引っ越し(2日で4往復)、電話・インターネット・ガス・水道・電気の手続きなどなど。 フランスでは→滞在許可証の手続き、銀行口座の手続き、在留届、保険などなど。 よく聞いていたけど、滞在許可証と銀行口座がやっぱり一番やっかいで、必要書類の山。全部の書類にコピーが必要。銀行なんて、「今日は忙しいから予約してね」とかで、6回も行かなきゃダメだった上に、さらには、最後に「やっぱり仮の滞在許可証じゃダメかも…」って言われてちょームカついたし(...

Lire la suite

仏移住☆

仏移住☆

Voici le premier article de la nouvelle rubrique « Cocorico » dont tous les billets seront rédigés par Naoko. Comme d’habitude, la traduction en français est disponible après le texte en japonais. 少し時間が遡りますが、フランス移住を本気で決めたのは、2008年の秋頃。それまでは、「いつか行けたらいいね」ぐらいの軽い気もちで、まさかこんなに早く行くとは思ってもいませんでした。「フランスで生活するなんて、めっちゃかっこいい♡」ていう気もちがある反面、言葉の不安や家族と離れてしまう寂しさがいつも半分半分ありました。仕事が2月いっぱいで終わり、3月に入ると引っ越しの準備や、いろいろな山ほどな手続きがあり、そのことを考えるとイライラしてしまい、また、家族や友達と会えば会うほど寂しさが強くなってしまって、正直だんだん「行きたくない」方が強くなっていました。それは、フランスに来る時の飛行機の中まで続き、飛行機内でもずっと涙が止まりませんでした。...

Lire la suite

<< < 10 11